1. ホーム
  2. クリーニングの基礎知識
  3. ≫普段着るスーツはどれくらいの頻度・間隔でクリーニングに出す?

普段着るスーツはどれくらいの頻度・間隔でクリーニングに出す?

ビジネスマンや就活生にとって欠かせないアイテムのスーツ。

身だしなみは社会人として最低限のマナーですが、結論から言うと「クリーニングに出さないのも良くないし、出し過ぎも良くない」と言うのが本当のところです。

ここでは、クリーニングに出す頻度や保管方法、日頃のお手入れまで紹介します。

クリーニングに出しすぎも良くない

衣類はいつでも清潔にしておきたいもの。

しかし注意して欲しいのが、スーツはクリーニングに出しすぎると、生地を傷める原因になってしまうということです。

清潔に保ちたいと思うのは誰もが思うことですが、その点注意が必要です。

夏場と冬場、最適な頻度・回数は?

スーツの取り扱いにおいて、湿気が最大の敵です。

ということは、汗をよくかく夏場は必然的にクリーニングに出す回数が増えるということです。

汗をかいて、嫌な臭いを放っているスーツを着ていると周囲の人に嫌な思いをさせてしまうでしょう。

夏場にクリーニングに出す頻度ですが、おおむね2週間に一回が良いとされています。

汗の湿気を取り除いてくれるクリーニング。やはり夏場は小まめに出すことが大事です。

夏場にクリーニングに出す際の注意点ですが、通常のドライクリーニングではなく「ウェットクリーニング」がおすすめです。

ドライクリーニングよりも料金は高いのですが、水洗いをしてくれるため、汗の嫌な臭いを撃退してくれます。

一方あまり汗をかかない冬場は、ワンシーズンに一回程度が最適です。

「そんなに少なくていいの?」と思った方もいらっしゃるでしょうが、先ほどの生地が傷んでしまうという問題もありますから、それぐらいが適正です。

とはいえ日頃のシワや、焼肉やタバコなどの嫌な臭いは気になるところですよね。

そこで日頃のスーツのケアについて紹介します。

日頃のケアが重要

あまりクリーニングに出しすぎも良くないとなると、日頃のケアが肝心になってきます。

シワだらけのスーツや、焼肉やタバコなどイヤな臭いのするスーツを着たくはありませんよね。

スチームアイロンを当てる

そこでおすすめしたいのが、スチームアイロンです。

蒸気を発生させるアイロンなのですが、蒸気の力でシワや嫌な臭いを取り除いてくれます。

アイロンを当てた後は、湿気を含んでいますので陰干しをしましょう。

陰干しする習慣をつける

また着用後のスーツは湿気を含んでいます。

日頃から陰干しする習慣をつけておくと良いでしょう。

大きめのしっかりしたハンガーを使う

さらに陰干しをするハンガーですが、大きめのしっかりしたハンガーが良いでしょう。

針金などの、細いハンガーでは型くずれの原因になってしまいます。

ブラッシングする

また日頃のケアとして、ブラッシングも重要です。

3~5着のスーツを着回す

同じスーツをずっと着用するのはNGです。

一般的に言われていることとしては、就活生なら3着、社会人なら5着のスーツを着回し、1日着て3日休ませることが、スーツを長持ちさせる秘訣です。

シワ取りが面倒な人にはプレスがオススメ

日頃のケアについて紹介しましたが、「ケアする時間がない」という方や「面倒だ」という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのが、クリーニング店で行ってくれる「プレス」という方法です。

その名の通りプレスによってシワ取りをしてくれるのですが、早い所だと1日でプレスが完了します。

料金も通常のクリーニングに比べて安く、忙しいビジネスマンにはピッタリです。

クリーニングに出す際の注意点

スーツをクリーニングに出す際の注意点をいくつか紹介します。

必ず上下セットで出す

やってしまいがちな失敗として「上下別々にクリーニングに出す」ということが挙げられます。

例えば上着だけ汚れているから「上だけでいいか」とか、ズボンだけシワが気になるから「下だけでいいか」といった理由で、上下別々にクリーニングに出したい方もいらっしゃるでしょう。

しかし、自宅での洗濯と同じで、クリーニングの工程で、衣類が若干変化する場合があります。

そのため、上下別々にクリーニングに出した後、スーツを着てみて違和感を感じるケースもあるのです。

また店舗によっては上下セットでないとクリーニングを受け付けてくれないところもあります。

ポケットの中身を確認する

自宅での洗濯同様、ポケットの中に物が入っている状態でクリーニングに出すと、大変なことになります。

特にボールペンなど、インクのシミができてしまった場合は悲惨で、せっかくのスーツが台無しに・・・・なんてことになりかねません。

この失敗も、やってしまいがちなので、ポケットに何も入っていないよう注意しましょう。

かかる日数と料金の相場

気になる料金についてですが、全国での平均が、およそ1,100円前後です。

もちろん競争の激しい地域、都心部、公害などの立地条件によっても変わってくるでしょうが、意外に安いことがわかります。

クリーニングにかかる期間ですが、概ね3~5日となっています。

店舗によっては即日お渡しというサービスを行っていて、お急ぎの方にはぴったりです。

また最近では、宅配クリーニングというサービスを実施している店舗もあり、そちらの場合、5~7日程度で完了します。

宅配の場合、店舗に比べて少し時間がかかりますが、取りに行く手間が省けるというメリットもあります。

スーツのクリーニング、保管方法、日頃の手入れまでを紹介してきました。

ビジネスマンには欠かせない身だしなみというマナーの1つ。

ぜひ紹介した方法で、スーツを清潔に保ってください。

宅配クリーニングでスーツの料金が安いのがネクシーです。

その他、仕上がりや日数にこだわりたい方におすすめのサービスを以下にご紹介しています。

料金重視ならネクシー

会員登録することでお得に利用できるのがネクシーです。

最大40%OFFのクーポン発行などの特典もあり。

ビジネス会員費は月額162円ですが、初月無料となっています。

この無料期間に、一度お試しで利用してみるというのもありでしょう。

スーツ上 スーツ下 合計
会員 680円 440円 1,120円
非会員 850円 550円 1,400円

ネクシーの詳細はこちら
ネクシーの口コミ評判

お急ぎの方にはリネット

通常5程度かかるところ、プレミアム会員になると最短2日でお届けが可能です。

トリートメント加工が施されるので、着用して型崩れしたスーツも、購入時の状態によみがえります。

料金はスーツ上下で1,250円。

仕上がりとお届け日数にこだわりたい方におすすめです。

リネットの詳細はこちら
リネットの口コミ評判

仕上がりにこだわるならピュアクリーニングプレミアム

高級衣類の専門店、ピュアクリーニングプレミアム。

一般的なドライクリーニングの工程とは違い、ただ単に汚れを落とすだけではありません。

デザインやシルエット、肌触りなど新品同様の質感に復元するサービスです。

奮発して新調したオーダースーツをクリーニングに出すなら、こちらがおすすめです。

オゾンコース シリコンコース メンテナンスコース
料金 2,500円 3,000円 5,000円

ピュアクリーニングプレミアムの詳細はこちら
ピュアグリーンプレミアムの口コミ評判

シェアをお願いします。