1. ホーム
  2. クリーニング店を選ぶ基準
  3. ≫宅配クリーニングと実店舗の料金の相場やサービスを比較

宅配クリーニングと実店舗の料金の相場やサービスを比較

クリーニングを依頼したいとき、かつては店舗を利用するのが当たり前でしたが、業界のサービス内容も多様性を求めるようになり、宅配クリーニングに参入する会社も一気に増えて来ました。

実際に、どちらを利用するのが良いのかは、依頼する内容やライフスタイルによっても変わってきます。

自分に合っているのはどちらなのか?を考えるときの判断材料となるのが以下です。

  • クリーニングの品質
  • サービス内容
  • 料金
  • 仕上がりまでの日数

仕上がりまでの日数については「即日仕上げ」が可能な実店舗が優先されるでしょう。

ここでは、それ以外の項目を比較してみましょう。

宅配クリーニングと店舗、どっちがいい?

いつでも気軽に申し込みできる宅配クリーニングは、お仕事で多忙な方、子育て中の主婦の方などにとっては、効率よく利用できるでしょう。

宅配クリーニングを利用するにあたって、本当に店舗と比べて魅力があるのか?知っておきたいところですよね。

まずは料金の相場・サービス形態をしっかりと把握しておきましょう。
当サイトおすすめの宅配クリーニング一覧を見る

知っておきたいパック料金

店舗に持ち込むとなると、荷物がかさばってしまいますし、一度にある程度の量しか持ち込めないものです。

量が多くて重たい場合は小分けにして持ち込まなければならず、子育て中の方や近隣に店舗がない方にとっては負担もかなり大きいでしょう。

特に衣替えシーズンは家族分の衣類をまとめてクリーニングに出し、早めに片付けてしまいたいものですよね。

宅配クリーニングなら宅配便を利用するので、持ち込みや引き取りの手間もかかりません。

家計を預かる主婦の方であれば、効率よく利用できる宅配クリーニングに興味を持たれる方も多いのではないでしょうか。

宅配クリーニングを利用する上で、まず知っておきたいのが「パック料金」です。

衣類の点数によって料金が設定されているものです。

たとえば、大手の宅配クリーニングでは5点なら4,980円~5,900円程度のパック料金で設定されています。

一般的な店舗で料金の高いコート類と安いワイシャツ。パック料金ならいずれも1点としてカウントされます。

このパック料金をよりお得に利用するのであれば、単品で値段の安いワイシャツやズボンだけにしないことです。

できれば、単品で価格が高いコートやスーツ、ワンピースなどをまとめるのがおすすめです。

さらに、10点のパック料金になると6,980円~10,800円程度になり、点数が多いパックの方が1点当たりの料金が割安になります。

ただし、パック料金で注意したいのが点数ではなく容量で指定されるケースです。

何リットルと書かれていても実際にイメージしにくいもので、想像以上に小さかったと感じることもあり得ます。

サイズの寸法を確認し、家にあるバッグなどと比べてみるとイメージしやすくなります。

その他、パック料金で除外されている衣類もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

パック料金のある宅配クリーニングはこちら

送料はどうなる?

ネット通販でさまざまな商品を購入するときにも、チェックが欠かせないのが送料でしょう。

たとえ、クリーニングの料金が店舗より安くても送料の負担があれば、あまり魅力を感じないですよね。

人気のある宅配クリーニングでは、送料が無料と設定されているところがほとんどなので、その点問題なく利用できるでしょう。

ただし、注文金額が3,000円以上にならないと送料の負担があるところもあります。

また、北海道や沖縄、離島にお住まいの場合には、送料がかかってしまうこともありますので確認をおすすめします。

単品でも会員登録で格安になるシステム

ワイシャツなど普段からクリーニングに出したいものを単品で依頼する場合には、店舗の方がやや割安になります。

  • 宅配クリーニング・・・250円~290円程度
  • 店舗・・・150円~250円程度

比較してみると、店舗の方がお得だというのが明らかですね。

わざわざ宅配クリーニングを利用した方が高くついてしまうのなら、利用する意味がないと思われるでしょう。

しかし、このワイシャツの相場は、会員に登録しないときの単品価格です。

宅配クリーニングには、有料会員に登録するシステムを導入しているところもあります。

有料なので月々に一定の費用が発生してしまうのですが、単価が格安になるメリットがあります。

会員になれば、150円から200円程度の設定になるので、店舗よりも安い場合もあります。

ワイシャツなど普段使いの衣類をクリーニングに出す頻度が高いご家庭の場合、会員費を支払っても年間を通して比較してみると随分とお得になるケースも多いのです。

ただ、即日仕上げの対応ができる店舗に対して、宅配クリーニングを活用する場合にはある程度日数がかかります。

日常的に着用するワイシャツなどはローテションを上手く考えながら利用するのがおすすめです。

年会員で料金が割安になるリネットはこちら 月会員で最大40%OFFになるネクシーはこちら

保管サービスに注目

ここまでは料金の相場から店舗と宅配クリーニングを比較をしてみました。

料金だけを重視するのではなく、ここからは宅配クリーニングならではのサービスを踏まえた上で比較してみましょう。

クリーニングの品質においては、店舗・宅配のいずれでもしみ抜きやほつれの対応、毛玉取りなどの対応もきめ細かく行っていますし、クリーニングの技術的な差は、ほとんどないと考えて良いでしょう。

それほど、クリーニング業界はしのぎを削っているので品質に関してはどこを選んでも一定のレベルを保っています。

ただ、対面してしっかりと伝えられるという意味では、店舗の方が安心感はあるでしょう。

仕上がりに問題があるときも、店舗なら伝えやすいのは確かです。

一方宅配クリーニングの会社ならではの強みとなっているのが保管サービスです。

無料で6ヶ月間、衣類を保管してもらえるサービスが便利です。

つまり、クリーニングに出してそのまま6ヶ月は、洋服を家の中に置く必要がなくなるので、収納スペースを有意義に使えるようになるメリットがあるのです。

無料保管サービスは、雑多になりがちな住まいを心地よくすっきりと片づけられるのは、宅配クリーニングならではの魅力です。

ちなみにこの保管サービスですが、有料で行っている業者もあります。

保管サービスのある宅配クリーニングはこちら

ライフスタイルや用途に応じて使い分ける

店舗と宅配クリーニングの両者を比較してみて分かるのは、宅配クリーニングのパックタイプならまとめて依頼できて割安になるということです。

店舗では単品扱いとなり料金が高いコートでも安く利用できます。

またワイシャツなどを単品で利用をする場合にも、会員登録することで店舗と同等、もしくは安い金額での利用も可能です。

また、マンションやアパート住まいで、収納スペースが不十分なご家庭には保管サービスが便利です。

店舗なら対面なので安心感がありますが、持ち込みや引き取りの手間を考えたときに、宅配クリーニングの便利さを優先したいという方も少なくないでしょう。

店舗と宅配、それぞれの良さがあるので、ライフスタイルや用途に応じて使い分けしてみるのもいいかもしれませんね。

業者によっては初回限定の特別価格やキャンペーンを設けているところもありますので、この機会にチェックしてみてくださいね。
当サイトおすすめの宅配クリーニング一覧を見る

シェアをお願いします。